不妊手術・去勢手術

sp_btn01.png

手術のメリット、デメリット

 よい点悪い点
去勢
(精巣をとります)
○生殖器の病気を防ぐ
精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア ・肛門周囲腫瘍など
○性格の変化
○生殖能力がなくなる
○体重が増えやすくなる
○性格の変化
○麻酔のリスク
○生殖器の病気を防ぐ(犬に比べるとまれ)
○尿スプレー、粗相が落ち着く(多くの場合)
○性格の変化
○生殖能力がなくなる
不妊
(卵巣・子宮をとります)
○生殖器の病気を防ぐ
子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍など
(※高齢犬では頻繁にみる病気です)
○生理時の体調の変化がなくなる
○性格の変化
○生殖能力がなくなる
○体重が増えやすくなる
○性格の変化
○犬でまれに術後に尿失禁
○麻酔のリスク
○生殖器の病気を防ぐ
子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍など
(※犬よりも発生頻度は少ないが、重症化するケースが多い)
○発情期のストレスがなくなる
○性格の変化
○生殖能力がなくなる

1病院で予約をとります。

 

2手術当日は午前10時00分までにご来院下さい。

 

3担当医又は動物看護師が手術の注意事項・体調を確認しお預かりします。

 

4検査によって問題がないと判断した場合、手術を行います。

 

5術後は18時から面会が可能です。元気を付けに来てあげて下さい。

 

6一泊入院となります。翌日午前中にお迎えにいらしてください。

当院の手術の特徴

1. 術前検査

手術の前(麻酔をかける前)に、血液検査や胸部レントゲンなど丁寧に検査を行ない、健康状態を確認します。

2. 体調優先

去勢手術・不妊手術は、急を要する手術ではありません。妊娠や病気を予防するためのものですので、検査の結果次第で延期することもあります。

3. 最高品質

去勢手術・不妊手術はどこででも受けられる手術だからこそ、最新の器具と高い技術にこだわり、最高の安全レベルによる手術をお約束いたします。

side_inq.png