スタッフブログ

sp_btn01.png

2015.07.31更新

こんにちは

暑い日々が続いていますね汗

みなさま体調は大丈夫でしょうか?

 

さて、先日、当院の患者様が開心術を行いました

開心1

私の元勤務先であるペットクリニックハレルヤさんにお世話になりました。

現在、西日本で唯一開心術が行える施設です。

今回は僧帽弁閉鎖不全症による心不全の患者さんで、

腱索再建と弁輪縫縮をあわせて行いました。

開心術というのは心臓を一時的に停止させ、体外循環ポンプ(↓写真)で体を維持し、

開心ポンプ

その間に心臓内の弁や腱索の手術を行います。

小型犬でさらに心臓の中の一つの弁なので視野は狭いです

なので、術者と助手以外はこのモニターを見ながら仕事をします

開心モニタ

心臓手術は無事に終わり、弁の逆流もなくなり、今はICU管理していただいてます

 

今までに肺水腫で亡くなった多くの心不全患者さんを救うために、

循環器の獣医師が集まり、福岡でも外科手術が選択できるようになりました

<副>

 

心不全、僧帽弁閉鎖不全症のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

side_inq.png