スタッフブログ

sp_btn01.png

2015.10.07更新

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

厳しかった暑さも随分と和らぎ、朝晩に寒さを感じるようになってきました。

 

そんな季節、お家の猫ちゃんの様子が普段と違うことはないですか?

「おしっこの色が赤い」「トイレに何度も行く」「陰部をしきりに舐めている」などなど…

そのような症状が出ていたらそれは下部尿路疾患(FLUTD)かもしれません。

下部尿路疾患は下部尿路(膀胱・尿道)に起こる病気の総称ですが、膀胱に炎症を起こしていることが多いようです。

 

では、なぜこれからの寒くなる季節にこの病気になりやすいのでしょうか?

それは猫ちゃんのお水を飲む量が夏場に比べて減ってしまうからだと言われています。

お水を飲む量が減ることでおしっこが濃縮され、膀胱炎の原因となる結晶が出てきたり細菌感染がおこったりします。

症状が重い子では膀胱の中の結石やゴミが尿道の途中に詰まってしまい閉塞(おしっこが全く出せなくなってしまうこと)が起こり、

命に関わるようなこともある怖い病気ですので、早めのに治療してあげることが大切です。

治療はお薬を飲んだり、食事を変更したりと原因によって変わってきます。

 

当院でも9月の中旬ごろからおしっこのトラブルで来院される猫ちゃんが増えてきています。

お家の猫ちゃんのおしっこの様子がなんだかおかしい…という時は早めに当院にご相談ください。

<山本>

投稿者: 室見動物病院

side_inq.png