スタッフブログ

sp_btn01.png

2016.05.31更新

こんにちは

いい天気が続きますねleafcloud

予防シーズンも落ち着きだし、今回は九州画像診断研究会の例会に参加してきました

画研2016.5

当院でもつい先日「会陰尿道造瘻術」を実施しましたが、

わんちゃんねこちゃんで多い病気の一つが尿路閉塞です

つまり、おしっこが出ないもしくは出にくいという病気です

原因は

pad 炎症(ストレス、細菌、・・・)

pad 結石(ストラバイト、シュウ酸カルシウム、・・・)

pad 尿道栓子(壊死組織、尿路上皮、凝血塊、炎症産物、・・・)

pad 腫瘍(移行上皮癌、扁平上皮癌、腺癌、・・・)

pad 外傷

などが挙げられます

 

症状は

pad 排尿困難

pad 頻尿

pad 排尿痛

pad 血尿

pad 落ち着きがなくなる

pad 陰部を舐める

pad 異常な鳴き声

などが挙げられます

 

診断法は

pad 尿検査

pad 血液検査

pad レントゲン検査

pad 超音波検査

などがあります

 

治療法は

炎症の場合、フード変更や抗生剤

結石の場合、外科的摘出術

尿道栓子の場合、閉塞物の除去(水圧による)、フード変更

腫瘍の場合、多くは内科治療、ときに外科的摘出術

が多いです。

 

どの病態もご自宅での管理を怠ると再発しやすい病気のようです

その後もしっかり管理をしてあげましょう

 

最後に尿が完全に閉塞して24時間経つと

意識レベルが低下し始め、食欲不振、嘔吐、低体温、脱水がみられ

さらに時間が経過すると

意識レベル低下、不整脈、重度脱水、血圧低下がみられ

完全閉塞72時間で亡くなります

尿が出ないのはそれだけ緊急性の高い病気です、しっかり管理してあげましょう

<副>

 

尿路結石、尿路閉塞、膀胱炎のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2016.05.30更新

現在、2017年4月から当院のスタッフとして勤務できる方を募集しております。

職種は獣医師1名、動物看護師1名を募集中です

詳しくはオフィシャルホームページのトップページ内「求人情報」をご覧ください。

 

獣医師・動物看護師の求人なら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2016.05.12更新

こんにちは

ゴールデンウィークも終わり、ようやく晴れて新緑の気持ちいい季節になってきました

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

この時期から熱中症も始まりますので体調管理はきちんとしてあげてください

 

さて、今回、当院の手術時の要である生体情報モニターを入れ替えました

生体モニター

もちろんこれまでも同じようにモニターを設置して管理していましたが、

そちらの機会は予備の麻酔器とのセットに組み直し、

2頭同時手術時もこれまで以上に安全に手術が行えるようになりました

 

この生体情報モニターで何を観察してるのかというと、

1、心電図・・・不整脈の出現がないか等を管理。心電図がどれくらいずれているかも%で表示されます

2、末梢血酸素飽和度・・・体の隅々まで酸素が行き渡っているか、きちんと循環できてるか

3、心拍数・・・麻酔時間が長くなると心拍数も下がってきます。心電図と脈の2つの方法で測定できます

4、1回換気量・・・1回の呼吸で吸い込んでいる量

5、分時換気量・・・1分間の換気量

6、呼気二酸化炭素濃度・・・酸素と入れ替わって吐き出している二酸化炭素量。吸い込む二酸化炭素も測定しています

7、呼吸回数・・・手術中は動物の呼吸が止まった場合はボタン一つで人工呼吸に切り替えています

8、麻酔ガス濃度・・・吸い込んでいる吸入麻酔濃度と吐き出している麻酔ガス濃度

9、酸素濃度・・・長時間の麻酔では酸素と空気を混合して酸素障害を防ぎます

10、体温・・・麻酔中は体温が下がっていきます。保温マットや湯たんぽで調整します

11、血圧・・・通常は腕に測定器を巻いた非観血圧をみていますが、血圧の変動が激しい手術時は動脈血圧も測定できます

このような項目を管理しています。

私たちは手術中にこのモニターに表示されるこれら情報をもとに、獣医師や看護師に指示を出し、

麻酔中の動物たちが安全に麻酔から覚醒できるように努めています。

 

これら測定項目は手術後の説明時に紙に印刷し、飼い主様にお渡ししています。

手術時に体でどのような変化があったのか、またそれに対してどのような対処をしたのか、

その結果、体はどのように反応したのか等、手術時の情報は全て開示しています。

 

当院はこれからも安全に麻酔処置ができるよう努めてまいります

<副>

 

動物、犬猫の麻酔のことなら福岡市の室見動物病院まで

 

投稿者: 室見動物病院

side_inq.png