手術の種類と流れ

sp_btn01.png

手術の種類

不妊手術、去勢手術

生殖機能を取り除きます。

オスは精巣摘出、メスは卵巣・子宮の全摘出を行います。

陰睾摘出術

通常陰嚢内にあるはずの睾丸が腹部や鼠径部にとどまっていると精巣が腫瘍化してしまう恐れがあるため、摘出します。

完全陰睾は開腹手術となります。

臍(さい)ヘルニア、鼠径(そけい)ヘルニア、会陰ヘルニア整復術、横隔膜ヘルニア整復術

ヘルニアとは、身体にできた穴に臓器が入り込み、皮膚が膨らんだ状態となっている病気の総称です。

臍ヘルニアは俗に言う「でべそ」のことで、臍(へそ)に腸などが入り込んだもの。鼠径ヘルニアは足の付け根に起こるものでいわゆる脱腸です。

会陰ヘルニアは肛門の右又は左に起こります。便が出ないため苦しみます。飛び出した臓器を元の位置に戻し、筋肉の隙間を塞ぐ手術ですが、この手術は結構大変です。再発しやすいからです。当院ではできるだけ再発しない手法で実施しております。

胃切開、腸管切開、腸管吻合手術

腫瘍摘出や腸重積あるいは飲み込んでしまった異物の摘出を行います。異物が小さければ便とともに体外に出されますが、腸管に詰まると腸管閉塞、とがったものだと胃穿孔や腸穿孔の原因になるからです。

内視鏡による胃内異物の摘出

異物の大きさや形状により、内視鏡にて摘出します。

皮膚腫瘍切除手術・皮膚形成外科手術

体表(皮膚)にできた腫瘍を切除します。マージンが大事です。大きな腫瘍の場合、皮膚が損傷しないよう形成外科的手法で温存、再生を考慮した手術を行います。

口腔外科手術

歯周病の治療のために、歯と歯肉の隙間を洗浄します。口腔内腫瘍の摘出も行ないます。

最近、高齢化のわんちゃんが多くなり、口腔外科手術が増えています。

一般眼科手術

眼瞼腫瘍摘出や第三眼瞼、場合によっては眼球摘出も行います。

白内障の手術を希望の方は、専門医を紹介いたします。

乳腺腫瘍摘出手術(両側・片側全切除及び部分切除術)

乳腺にできた腫瘍を摘出します。

原則的に片側乳腺全摘出を行います。左右の乳腺に腫瘍がある場合は、後日もう片側の乳腺摘出を行います。

同時にリンパ節の除去を行います。

膀胱腫瘍摘出手術

膀胱がんは放置すると数ヶ月以内に尿路閉塞などの合併症を引き起こします。

膀胱結石摘出手術

膀胱の中にできた結石が自然排出できない大きさの場合は、手術で取り除きます。

膀胱結石は尿道結石も含め、石が1個から何10個と様々です。また丸い石や尖った石、カリフラワー状の石など形も様々です。しかも出血性や感染性の場合も多く、熟練のワザが必要です。

脾臓摘出手術

脾臓は胃の裏に隠れていて、異常の発見が遅れがちです。免疫や血液関係を司る臓器ですが、全摘出しても生存できます。

腫瘍が多い臓器です。

睾丸腫瘍摘出手術

早期発見、早期摘出で完治できる病気ですが、放置してしまうと巨大な睾丸となることも多く、ホルモン性疾患の代表的なものです。

その他の腫瘤、腫瘍摘出手術

さまざまな部位にできた腫瘤や腫瘍の摘出を行ないます。早期発見が重要ですので、硬いしこりのようなものがないか、いつも観察してあげましょう。

子宮蓄膿症

シニア期の未経産のわんちゃんに発症します。

生理後30日くらいで元気、食欲がなくなり、水を多量に飲むとこの病気を疑います。

原因は子宮や生殖器の老化、卵巣の異常などです。子宮に膿がたまります。

早急に手術が必要で、遅れると致命的結果となります。

子宮 及び 卵巣腫瘍摘出手術

避妊手術で予防が可能です。子宮や卵巣にできた腫瘍を摘出します。

卵巣・子宮の全摘出手術を実施します。

整形外科

応急的な手術は可能です。整形外科を専門とする獣医師(病院)がおられますので、ご希望の方は紹介いたします。

手術の流れ

1診察

手術の必要性を診ます。普段の診察や予防接種の来院時にご相談ください。

気になる部位だけでなく全身を触診します。

2診断

手術をするかしないか・できるかできないかの診断を、飼い主様にお伝えします。

できるだけ急いで手術したほうがいいか、他の病気の治療から先に行なうべきかなどについてもお話します。
※例:麻酔のリスクが高い腎疾患を併発している場合、腎臓の治療を先にするとか、高脂血症などは中性脂肪の値を低下させてから、など。

3決断

手術が必要と診断した場合、なぜ手術が必要かを説明し、最終的に飼い主様の判断を伺います。

4検査

血液検査やレントゲン、エコーによる検査を行ないます。年齢や症状の進行具合なども考慮し、わんちゃん・ねこちゃんの手術に対する適応不適応の確認をします。

当院で用いる検査試薬はその場ですぐに結果が出るものです。そのため後日またお越しいただく手間もありませんし、急を要する手術でもスピーディに対応することができます。

5説明

手術の事前説明を行ないます。30分~1時間ほど時間をとり、丁寧にご説明します。飼い主様の思いやご希望をうかがい、手術の内容・料金・リスクなどについてわかりやすくお話しします。

6日程

手術日を決めます。当院では、火・木・金曜が手術日です。一連の検査から約1ヶ月以内を目安に、手術日を決めていただいております。

7前日

絶食と絶水のご協力をお願いいたします。

成犬・成猫は18時以降絶食、22時以降絶水をお願いしております。幼いわんちゃん・ねこちゃんは絶食しない方が良い場合もありますので、当院の指示に従ってください。

8当日

朝からわんちゃん・ねこちゃんを当院までお連れいただきます。当日も血液検査を行ない、手術が可能かの最終判断をいたします。
※例:血液中の血小板が少なく、手術後に血が止まらない可能性があると判断し、手術を中止したケースもございます。

9入院

術後の管理と点滴療法のため、7日程度の入院が必要になります。

わんちゃんの場合、入院中の散歩もスタッフが行います。抜糸が終わりましたら退院です。
※去勢手術・避妊手術の場合は、基本的に1日の入院です。手術の翌日わんちゃん・ねこちゃんのお迎えに来ていただき、一緒にご帰宅できます。

10退院

抜糸が終わって傷口がきれいに見えても、傷口に大きな力が加わると傷が開くことがあります。退院後、1週間ほどは、わんちゃん・ねこちゃんの様子を注意深く見守ってあげてください。

シャンプー等は抜糸後10日くらいまで控えてください。

11抜糸

当院では、手術を行なった部位がきちんと回復し跡が残らないようにするため、皮膚縫合に対してはワイヤー、ステープラ、ナイロン糸を使用しております。

術後1週間から10日目で抜糸します。

12確認

手術後の経過確認を行ないます。手術の種類にもよりますが、抜糸後1~2週間ほどで再度ご来院いただく場合もあります。

side_inq.png