口腔外科・予防歯科

sp_btn01.png

口腔内の症状とは

歯石の付着状態により、歯肉炎、歯周炎も変わります。

歯周炎が進行すると歯根膜や歯を支える顎骨に異常をきたします。歯がぐらついたりする時は抜歯が必要なことが多いです。

また、シニア期になると歯茎の腫瘍がしばしばみられます。犬はもともと肉食動物で、肉食動物の歯は咬まずに飲み込むようにできているため、食べ物を咀嚼しながら歯の表面についた汚れも同時に落とすということができないのです。

当院の手術の特徴

1. ただ抜けばいいわけではない

歯に関しては、抜くだけで治療が終わることはありません。大きい歯の場合、歯根のあとが残ります。ぽっかり空いた穴を塞がないと別のトラブルを招きます。頬の内側の粘膜を利用して、傷口となった大きな穴を塞ぎ、再建手術を行ないます。

2. 症例の説明

手術前と手術後の写真を見比べながら、丁寧に説明いたします。歯周ポケットの深さは何mmか、歯のぐらつきはどれくらいかなど、数値化してわかりやすくお話しています。

3. 根本治療

口は鼻や目にもつながっている大事な器官です。トラブルが深刻化しないよう、徹底的に治します。手術後の経過を診るとともに、再発防止に飼い主様とともに取り組みます。

口腔内トラブルの予防

当院は、トラブルを未然に防ぐ予防的ケアに力を入れています。

子犬の頃から口腔内のケアを行なうことで、わんちゃん自身が口を開けたり歯や歯茎を触られることに自然に慣れていきます。このトレーニングができていないと、診察の際に獣医師や動物看護師に噛みつこうとしてしまい、落ち着いた診療を行なえません(その際は鎮痛剤などを使って緩和させながら診ていくことになります)。

ポリッシングをしてあげることができれば、犬の口内は本来アルカリ性ですので虫歯はできにくいとされています。

当院ではご自宅でできる日常のケアをアドバイスするとともに、全身麻酔を使って歯のクリーニング(汚れを取る)とスケーリング(表面を磨く)を徹底して行なっております。

side_inq.png